助成金事例

実は・・・事業規模が小さいほど助成金を受給する意味があるのです。(雇用保険法)

受給までは 時間がかかります!でも・・・申請しておけばいずれ受給されます。

そして 受給された助成金は 返済義務がないんです。

助成金申請条件

【助成金申請条件】

・法人または個人で事業を営んでいる事

・人を雇っているか?または雇う予定があること

(個人事業主・株式会社・社団法人問わず)

・勤怠管理を行う事(出勤簿、賃金台帳、労働条件通知書作成・保存)サポート有り

【手順】

1)雇用保険適用設置届提出

2)雇用保険労災加入(月1000円~)

3)就業規則作成

キャリアアップ助成金計画届提出

例)健康診断助成金 延べ4人以上受診で38万円助成

  正規転換 1人につき57万円助成

  他多数

 

人材開発助成金

例)セルフキャリアドッグ 制度導入及び実施で47.5万円助成

  訓練休暇 制度導入及び実施で47.5万円助成

  他多数

職場定着支援助成金

例)評価処遇・メンター制度・健康診断・研修制度 合計40万助成

  離職率目標達成 60万円助成

業務改善助成金 最大200万円助成

 

その他多数

 

ヒアリング後 事業主様毎に助成金をご提案させていただきます。

 

 

 

お問合せいただきましたら

当新大阪営業所にてヒアリングをさせていただきます。

 

ご質問などいつでもどうぞ!

メモ: * は入力必須項目です